AB・米国成長株投信Aコース(H無) 202003

今回は外国株式の人気投資信託、「 AB・米国成長株投信Aコース 」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。 比較結果については米国純資産1-10位又は米国投信厳選23商品をご覧ください。

こちらの商品は為替ヘッジの有無、毎月決済型かによってコースが分かれています。その中で、今回はAコース(為替ヘッジあり)を見ていきます。他のコースとも結果は楽しみですね。

商品情報

投資戦略

米国大型株を中心に、成長可能性が高いと判断される米国株式に投資し、S&P500をベンチマークとした超過収益を目指します。

銘柄選択プロセスとしては、まずは成長特性を勘案し、スクリーニング(約300銘柄)。その後、アナリストがファンダメンタルズリサーチにより投資推奨銘柄(約100銘柄)を選択。 最終的にリスク特性などを考慮し、50-70銘柄を抽出していきます。

投資対象 / コスト

信託報酬は1.727%、販売手数料3.0%となります。

投資対象は、ヘルスケア・情報技術が20%強と多く、コミュニケーションサービス・一般消費財が15%弱で続きます。組込銘柄の上位5位は、アルファベット(Google)、マイクロソフト、ユナイテッドヘルス・フェイスブック・VISA。

基準価額 / 純資産

基準価額、純資産は下図。純資産の水準は十分ですね。

目論見書
https://www.alliancebernstein.co.jp/files/rsv/US-GROWTH_prospectus.pdf?1593738983874

分析結果

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
          ⬇︎
横軸2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

スポンサーリンク

3ヶ月収益 :3ヶ月のみ投資した場合の収益率の推移

6ヶ月収益 :半年投資した場合の収益率推

スポンサーリンク

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

10年収益 :10年投資した場合の収益率推移

今回は 今回は外国株式の人気投資信託、「 AB・米国成長株投信Aコース 」 のチャート・シミュレーション結果を見てきました。商品を選択する際は、同資産に投資する商品と比較分析することが重要となります。比較結果については米国純資産1-10位又は米国投信厳選23商品をご覧ください。

 

スポンサーリンク