アムンディ・りそなインド・ファンド マハラジャ 202005

今回はインド株式の人気投資信託、「 アムンディ・りそなインド・ファンド 『愛称 : マハラジャ』 」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。他商品との比較結果についてはサマリーページをご覧ください。

商品情報

投資戦略

インドの株式へ投資を行うファンドへ90%程度、残りは本邦通貨表示の短期公社債等に投資するファンドに投資します。

※それぞれ「Amundi Funds SBI FM インディア・エクイティ」 (米ドル建)、「CAマネープールファンド(適格機関投資家専用)」(円建)

ファンドの戦略としては、 銘柄選択に重点をおいたボトムアップ・アプローチによるアクティブ運用となります。具体的には、 投資先企業の利益成長の 潜在能力や投資先企業が利益成長を達成しうる経営陣の資質、財務内容を備えているかなどを検討の上、銘柄選択を行います。

投資対象 / コスト

信託報酬は2.17%、販売手数料1.32%となります。

産業は、金融が38.4%、情報技術9.3%、ヘルスケア8.1%、資本財・サービス7.7%、コミュニケーション・サービス7.6%と、金融に大きく偏っています。

基準価額 / 純資産

基準価額、純資産は下図(折れ線が基準価額)。

目論見書
https://www.amundi.co.jp/fund/pdf/100012/100012-maharaja-pros-01-202003.pdf

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
          ⬇︎
横軸2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

3ヶ月収益 :3ヶ月のみ投資した場合の収益率の推移

6ヶ月収益 :半年投資した場合の収益率推移

スポンサーリンク

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移 

スポンサーリンク

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

10年収益 :10年投資した場合の収益率推移

  今回はインド株式の人気投資信託、「アムンディ・りそなインド・ファンド 『愛称 : マハラジャ』」 のチャート・シミュレーション結果を見ていきました。他商品との比較結果についてはサマリーページをご覧ください。

こちらの商品も、引き続き分析を続けていきたいと思います。

 

スポンサーリンク