ダイワ・ブラジル株式オープンリオの風 202006

今回はブラジル株式の人気投資信託、「 ブラジル株式オープン-リオの風-」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。他商品との比較結果についてはサマリーページをご覧ください。

 

商品情報

 

投資戦略

ブラジル株式に投資します。

主な特徴は以下のとおり。

  • DRにも多数投資。
    • DRとは、「株式発行会社の株式を海外で流通させるために、その会社の株式を銀行などに預託し、その代替として海外で発行される証券」のことです。
    • 当該銘柄ではDRにも投資を行なうため、ブラジル・レアル以外の通貨建資産を組入れます。
  • 経済情勢や業界動向等の分析を行なうとともに、個別企業のファンダ メンタルズ、成長性、株価バリュエーション等を総合的に勘案して ポートフォリオを構築
  • ブラジル株の運用は、イタウ・アセットマネジメントの助言を受け、ダイワ・アセット・マネジメント(アメリカ)リミテッドが行う※イタウ・アセットマネジメント【Itaú Asset Management】は、ブラジルを拠点とするイタウ・ウニバンコ銀行【Itaú Unibanco S.A.】の運用部門

投資対象 / コスト

 

業界は金融28.0%、素材14.6%、生活必需品13.2%、一般消費財・サービス11.8%、公益事業8.4%、資本財・サービス7.1%、エネルギー6.7%、不動産3.7%、コミュニケーションサービス1.5%、情報技術2.1%と、金融の比率が高めとなっています。 信託報酬は1.848%、販売手数料は3.3%です。

 

基準価額 / 純資産

 

基準価額、純資産は下図のようになっています。

 

目論見書
https://www.daiwa-am.co.jp/funds/doc_open/fund_doc_open.php?code=4759&type=1&preview=on

 

では本題、成績を見ていきましょう。

 

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」ではありません。

 

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
          ⬇︎
横軸2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

 

6ヶ月収益 :半年投資した場合の収益率推移

投資期間半年では、最高収益は2018年中旬に投資を開始した場合で、120%弱となっています。

最低収益60%、直近収益100%弱。他銘柄との比較では、投資期間半年の場合ほとんど違いは見られません。

 

 

 

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

投資期間1年では、最高収益は2015年末に投資を開始した場合で、130%程度となっています。

同時期で他商品の収益を見ると、多くの商品が130%弱まで上昇しているため、大きな差はないと言えます。最上位のピクテIFブラジル株は130%強となっています。

最低収益はコロナによる下落で、60%程度。こちらは他商品とほぼ同じですね。

 

 

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移

投資期間3年では、最高収益は130%を超えてきます。

ただ、投資期間3年でも、元本割れ確率は非常に高く、さすが新興国株と言えるでしょう。

他商品と比較すると、130%程度の最高収益は、中位程度であることがわかります。下落幅は、他商品と同等程度となっています。

 

 

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

投資期間5年の最高収益は、2015年上旬に投資を開始した場合で、140%程度となっています。

他商品との比較では、ある程度高位でしょうか。また、コロナによる下落も、75%と、他商品に比べ若干下落幅が抑制されています。

3年までの結果と比較すると、比較的良い結果と言えるでしょう。

 

 

10年収益 :10年投資した場合の収益率推移

投資期間10年については、投資期間の関係から情報量が少ないため参考まで。

 

 

今回はブラジル株式の人気投資信託、「ブラジル株式オープン-リオの風-」のチャート・シミュレーション結果を見ていきました。 他商品との比較結果についてはサマリーページをご覧ください。

 

こちらの商品も、引き続き分析を続けていきたいと思います。