のむラップファンド(積極型)  202106

今回はバランス型(成長)の人気投資信託、「のむラップファンド(積極型) 」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。

目論見書:http://www.nomura-am.co.jp/fund/pros_gen/Y1140489.pdf

商品情報

基本情報

  • 運用会社:野村アセットマネジメント
  • 委託会社:野村信託銀行株式会社
単位型・追加型投資対象地域投資対象資産投資対象資産決算頻度投資対象地域投資形態為替ヘッジ
追加型内外資産複合その他資産年1回グローバル(日本含む)ファミリーファンド無し

投資戦略

ファンドの特徴

ファンドの特徴は以下のとおり。

  1. 国内株式・国内債券・外国株式・外国債券・世界各国(日本含む)のREITを実質的な主要投資対象
  2. 他に、保守型・やや保守型・普通型・やや積極型・積極型が存在
  3. 積極型は、国内株式・外国株式・世界REITへの投資比率に制限を設けない(下図:上限)
保守型やや保守型普通型やや積極型積極型
国内株式マザーファンド20%25%30%35%40%
国内債券NOMURA-BPI総合マザーファンド80%70%60%50%40%
外国株式MSCI-KOKUSAIマザーファンド30%35%45%50%60%
外国債券マザーファンド50%50%50%50%50%
世界REITインデックスマザーファンド20%25%30%35%40%
資産配分の上限値
ポートフォリオ構築プロセス
  1. データ推定
  2. 投資配分比率算出
  3. ポートフォリオ構築

目論見書:http://www.nomura-am.co.jp/fund/pros_gen/Y1140489.pdf

投資対象 / コスト

投資対象

現在の投資比率は以下

保守型やや保守型普通型やや積極型積極型
国内株式マザーファンド10.8%13.4%15.4%13.9%11.3%
国内債券NOMURA-BPI総合マザーファンド40.5%27.4%12.5%8.0%4.5%
外国株式MSCI-KOKUSAIマザーファンド7.3%15.3%25.5%38.2%51.7%
外国債券マザーファンド33.1%32.6%31.2%24.2%17.4%
世界REITインデックスマザーファンド7.3%10.2%14.2%14.5%13.9%
配分(2021年3月末時点)
コスト
  • 信託報酬:1.518%
  • 販売手数料:1.1%

基準価額 / 純資産

基準価額・純資産は下図のとおり。純資産は十分な水準。

目論見書:https://www.daiwa-am.co.jp/funds/doc_open/fund_doc_open.php?code=3059&type=1&preview=on

分析結果

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」収益ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
⬇︎
3年収益図の2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

3年収益:3年投資した場合の元本回収率推移

最高値は2012年上旬に投資開始で146%。他商品は130-146%で分布しており、最上位(見づらいですが、若干飛び出ています)。2013年〜2018年期間は低迷しており、115%以下となっていますが、他商品も同様の傾向であり、中位程度。最低値は2017年中旬に投資開始で90%であり、他商品よりも下落幅は抑制されています。

のむラップファンド(積極型) 
他商品
参考:世界分散株式(日本含む)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 13-6-1024x529.png

5年収益 :5年投資した場合の元本回収率推移

最高値は2010年中旬に投資開始で166%。他商品と同等程度。投資期間3年と同様、コロナによる下落影響(2015年5月投資開始)は小さく、下落幅は抑制されています。加えて、近年の成績は最上位に近く、相対的には優良と言えるでしょう。

のむラップファンド(積極型) 
他商品
参考:世界分散株式(日本含む)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 14-5.png

10年収益 :10年投資した場合の元本回収率推移

最高値は直近で、164%。他商品は140-170%で分布しており、相対的には上位。全期間を通して、一部ファンド(DCグローバルラップバランス)からは常に劣後しているため、最優良とはいかず、中位程度の元本回収率

のむラップファンド(積極型) 
他商品
参考:世界分散株式(日本含む)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 15-5.png

(参考)現在まで投資した場合の元本回収率推移

結果サマリー

投資期間5年では、下落幅を抑制しつつ、高い元本回収率となっており、優良。投資期間10年では、最上位とはいかないものの、まずまずの成績。

今回は「のむラップ・ファンド(積極型) 」のチャート・シミュレーション結果を見てきました。比較対象商品については、比較シミュレーション(バランス型成長)をご覧ください。