【過去全期間収益&商品比較】野村 米国ブランド株投資(アジア)毎月決算 202006

今回は外国株式の人気投資信託、「 野村 米国ブランド株投資(アジア)毎月決算」のチャート・シミュレーション結果を見ていきましょう。他商品との比較結果は比較シミュレーション「米国投信23商品」をご覧ください。

商品情報

投資戦略

米国取引所の上場株式を投資対象とし、決算頻度は毎月になります。(米国ブランド株:グローバルで高い競争力や成長力を有する株式のこと)

4つの通貨型コースが存在し、アジア通貨コースは⽶ドルを売り、アジア通貨(中国、イン ド、インドネシアの 3 カ国)を買う為替取引を⾏ないます。

他には、対円で為替ヘッジを行う円コース、資源国通貨(ブラジル・オーストラリア・南アフリカの3か国)を買う資源国コース、対円での為替ヘッジを行わないドルコースが存在します。

また、決算頻度によっても組入銘柄が異なりますので、本商品群を検討する際は是非 比較シミュレーション「米国投信23商品」で比較した上で購入することをオススメします。

目論見書
https://www.nomura-am.co.jp/fund/pros_gen/Y1180259.pdf

投資対象 / コスト

信託報酬は1.773%、販売手数料3.3%となります。組入上位銘柄は以下のとおり。IT関連銘柄が殆どを占めています。

目論見書
https://www.nomura-am.co.jp/fund/pros_gen/Y1180164.pdf

基準価額 / 純資産

基準価額、純資産は下図。純資産の水準も十分かと思います。

公式サイト
https://www.nomura-am.co.jp/fund/funddetail.php?t=2&fundcd=180164#fundinfo

分析結果

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
          ⬇︎
横軸2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

3ヶ月収益 :3ヶ月のみ投資した場合の収益率の推移

6ヶ月収益 :半年投資した場合の収益率推移

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

最高収益120%、最低収益80%、直近110%。

同期間(2010年4月以降)の比較シミュレーション「米国投信23商品」 と比較すると、直近収益は中位程度であることはわかりますが、そこまで商品間の違いはありません。3年以降を見ていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 12-1024x448.png

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移

最高収益160%、最低収益90%、直近収益130%。

同期間(2010年4月以降)の比較シミュレーション「米国投信23商品」 と比較すると収益率は非常に高く、下落幅もある程度抑制できていると言えるでしょう。直近の130%も、他商品比べ最高値に近くなっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 13-1024x647.png

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

最高収益150%、最低収益110%、直近収益150%弱。

5年でも同様です。下落幅を抑えつつ、収益は安定して高位となっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 14-1024x651.png

10年収益 :10年投資した場合の収益率推移

投資実績なし

以上、「米国ブランド株投資(アジア)毎月」のチャート・シミュレーション結果を見てきました。比較結果については、 比較シミュレーション「米国投信23商品」 をご覧ください。

野村 米国ブランド株投資アジア)年2回についても、引き続き追跡していきたいと思います。