セゾン 資産形成の達人ファンド 202007

今回は世界分散型の投資信託、「セゾン 資産形成の達人ファンド」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。他商品との比較は比較シミュレーション(世界分散)をご覧ください。

目論見書:https://www.saison-am.co.jp/fund/master/_pdf/prospectus2.pdf

商品情報

投資戦略

ファンドの特徴
  • 世界への幅広い分散投資
    • 海外及び日本の株式に分散投資
    • 株式市場の加熱により有望な投資先がない場合には、債券にも投資する場合あり
  • それぞれの地域で選別投資(様々なファンドに投資)
    • 地域に強みを持ち、安全性や長期的な収益力を基準に選別投資を行うファンドに投資
    • 株式市場規模を考慮しながら長期的視点で資産配分
  • 長期的視点に立った運用スタイル

目論見書:https://www.saison-am.co.jp/fund/master/_pdf/prospectus2.pdf

銘柄選定
  1. 運用方針に合致するファンドを選定
  2. 幅広い分散を基本として長期的視点で組入比率決定
  3. 市場の行き過ぎを活用することを意識しながら投資を実施

投資対象 / コスト

投資対象

各ファンドの詳細については、目論見書を参照。

目論見書:https://www.saison-am.co.jp/fund/master/_pdf/prospectus2.pdf

コスト
  • 販売手数料:0%
  • 信託報酬:1.35±0.2

基準価額 / 純資産

基準価額、純資産は下図。純資産は1000億以上で、十分な水準。

目論見書:https://www.saison-am.co.jp/fund/master/_pdf/prospectus2.pdf

分析結果

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」収益ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
⬇︎
3年収益図の2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

最高値

2012年中旬に投資開始で133%。他商品の同時期を見ると、eMAXIS 全世界株式インデックスは131%であり、若干程度上回っています。MAXは健次(135%程度)で、若干劣後。

最低値

2007年下旬に投資開始で68%。ピクテグローバルインカムと同等程度で、健次よりは劣後。また、コロナによる下落(2019年5月投資開始)の影響を見ると、2019年5月に投資開始で86%程度で、他商品と同等程度。

セゾン 資産形成の達人ファンド
eMAXIS 全世界株式インデックス
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eMAXIS-全世界株式インデックス3-1.png
他商品
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 12-5.png

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移

最高値

2011年上旬・2012年上旬に投資開始で162%。健次は180%近くですが、それ以外よりは高く、相対的には上位。(eMAXIS全世界株式インデックス:158%)加えて、2015年上旬〜中旬投資開始で126%程度となっており、こちらは最上位。

最低値

コロナによる下落(2017年5月投資開始)で90%。他商品と同等程度となっています。

セゾン 資産形成の達人ファンド
eMAXIS 全世界株式インデックス
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eMAXIS-全世界株式インデックス4-2.png
他商品
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 13-6-1024x529.png

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

最高値

2010年中旬に投資開始で198%。健次には劣りますが、eMAXIS全世界株式インデックスの最大値は170%(2010年8月投資開始)であり、同期間では20%近く上回っています。それ以外の期間についても、2012年は140%超え,2013年も多くの期間で130%超えとなっており、他商品を上回っています。

最低値

コロナによる下落で100%と、元本割れはなし。他商品と同等程度。

セゾン 資産形成の達人ファンド
eMAXIS 全世界株式インデックス
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eMAXIS-全世界株式インデックス5-2.png
他商品
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 14-5.png

10年収益 :10年投資した場合の収益率推移

最高値

2008年中旬に投資開始で230%で、最上位。全期間を通して健次と接戦となっています。2010年中旬投資開始までは、ほぼ190%以上で安定していますが、それ以降は若干劣後。

最低値

コロナ期(2010年5月投資開始)で158%。健次は170%超えのため、若干劣後。

セゾン 資産形成の達人ファンド
他商品
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 15-5.png

結果サマリー

投資期間1-10年を通して最高値・最低値共に高く(いつ投資開始してもeMAXIS全世界株式インデックスを上回っており)、非常に素晴らしい結果。優良ファンド健次との比較でも、最高値では劣後しますが、デメリットであった2012年以降の結果では上回っており、安定して高収益となっています。

今回は世界分散型の投資信託、「セゾン 資産形成の達人ファンド」のチャート・シミュレーション結果を見てきました。他商品との比較は比較シミュレーション(世界分散)をご覧ください。