さわかみファンド 202005

今回は国内大型株式 の投資信託「 さわかみファンド」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。比較分析はサマリーページをご覧ください。前回の結果はこちら

商品情報

投資戦略

現在が割安と思われる銘柄を選定、割安が解消されるまで保有し続けるバイアンドホールド型の戦略です。

投資対象 / コスト

現在の主な産業は機械・電気機器・化学が15%と多く、その他は10%弱で分散しています。信託報酬は1.1%、販売手数料は0%です。

基準価額 / 純資産

基準価額、純資産は以下のとおり。投資期間が長いので、情報量は豊富ですね。純資産は(当たり前ですが)申し分ないですね。

出典:投資信託説明書(交付目論見書)
https://www.sawakami.co.jp/wp/wp-content/uploads/fund_outline/mokuromi_koufu.pdf

 

分析結果

では分析結果を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした収益」ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
          ⬇︎
横軸2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

3ヶ月収益 :3ヶ月のみ投資した場合の収益率の推移

6ヶ月収益 :半年投資した場合の収益率の推移

1年収益 :1年投資した場合の収益率の推移

3年収益 :3年投資した場合の収益率の推移

5年収益 :5年投資した場合の収益率の推移

10年収益 :10年投資した場合の収益率の推移

今回は国内大型株式 の投資信託 「 さわかみファンド」 のチャート・シミュレーション結果を見てきました。比較分析結果はサマリーページをご覧ください。