三井住友・げんきシニアライフ・オープン 202006

今回は国内中小型株式の人気投資信託、「 三井住友・げんきシニアライフ・オープン 」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。他商品との比較結果についてはサマリーページをご覧ください。

商品情報

投資戦略

ファンドの特徴
  1. 高齢化社会が生み出す新ビジネス、新技術に投資
    • 日本株式のうち、「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と「介護関連ビジネス」に関連する企業
  2. 定性・定量両面からの分析により銘柄選定
  3. 新規上場も対象
  4. 経済・市況動向等により株式の組入比率は機動的に変更
  5. 高齢化社会における成長分野・成長企業をリサーチ
    • アクティブシニア関連
    • ヘルスケア関連

目論見書:https://www.smam-jp.com/fund/pdf/117168k.pdf

運用プロセス
  1. 高齢化社会関連分野の中から、銘柄を絞り込み
  2. 企業訪問などにより調査
  3. 分析
目論見書:https://www.smam-jp.com/fund/pdf/117168k.pdf

投資対象 / コスト

投資対象

主な産業ですが、卸売・電気機器・サービス・小売が12~13%、化学8%と産業を絞ることなく分散投資しています。

目論見書:https://www.smam-jp.com/fund/pdf/117168k.pdf

コスト
  • 信託報酬:1.65%
  • 販売手数料:3.3%

基準価額 / 純資産

基準価額、純資産は下図のようになっています。

目論見書:https://www.smam-jp.com/fund/pdf/117168k.pdf

分析結果

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」収益ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
⬇︎
3年収益図の2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

最高値

2012年中旬に投資開始で、135%程度。

他商品を見ると、120%~150%程度となっており、中位程度であることがわかります。

2016年10月に投資を開始した場合についても、120%程度で中位程度。

最低

2008年上旬に投資開始した場合で、70%程度。

他商品も同等程度。

直近

直近は元本に惜しくも届かず、98%程度。

他商品と比較すると、下位となっています。

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移

最高値

2011年下旬〜2012年中旬に投資を開始した場合で、170%程度。

他商品との比較では、170%は最高位となっています。

次点は2015年中旬に投資開始で、145%程度。こちらは中位程度となっています。

最低

2005年下旬に投資開始で、60%程度。

他商品と比べると、下落幅はある程度抑制されていることがわかります。

直近

直近は90%程度であり、最下位近くとなっています。

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

最高値

2010年下旬に投資を開始した場合で、220%程度。

投資期間3年までと同様、最上位となっています。J-フロンティアグローイングカバーズと接戦ですね。

ただし、それ以降については上記2商品と比べると低くなっています。

最低

2004年上旬に投資開始で、55%程度。

直近

直近は100%で、投資期間3年までと同様、最下位近くとなっています。

10年収益 :10年投資した場合の収益率推

最高値

最高位は2008年中旬に投資を開始した場合で、300%程度。

絶対的には高く感じますが、他商品のJ-フロンティアグローイングカバーズは400%近くとなっており、中位程度であると言えます。

最低

2002年中旬までに投資を開始した場合は、70%程度。比較対象が少なくなりますが、下位となっています。

直近

175%程度で、同様に下位。

今回は国内小型株式の人気投資信託、「 三井住友・げんきシニアライフ・オープン 」のチャート・シミュレーション結果を見ていきました。 他商品との比較結果についてはサマリーページをご覧ください。