USテクノロジーイノベーターズファンド(ヘッジ有) 202006

今回は外国株式の人気投資信託、「USテクノロジーイノベーターズファンド(ヘッジ有)」のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。他商品との比較結果については比較シミュレーション「米国投信23商品」をご覧ください。

商品情報

投資戦略

米国上場株式の中から、情報技術の発展により成長が見込める企業株式に投資します。( 情報関連技術に強みを持つ ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ・インクが実質的な運用を行います。)

原則として対円での為替ヘッジを活用し、為替変動リスク の低減を図ります。ただし、完全に為替変動リスクを回避することはできません。

銘柄選定方法としては、まず米国上場株式の中から売上高に占める情報技術関連事業の比率が高い銘柄を抽出、加えて新しい技術・サービスの動向、顧客・市場変化等から新テーマを選出、また市場シェアを始め市場サイクル・価格決定力・優れた経営陣・バリュエーション等を考慮し20-40銘柄に選定します。

投資対象 / コスト

信託報酬は1.903%、販売手数料3.3%となります。 

組入上位銘柄は以下のとおり。ソフトウェアサービス関連がほとんどを占めています。

基準価額 / 純資産

基準価額、純資産は下図。純資産の水準も十分かと思います。

目論見書
https://www.smam-jp.com/fund/pdf/176105k.pdf

分析結果

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」収益ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
⬇︎
3年収益図の2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

3ヶ月収益 :3ヶ月のみ投資した場合の収益率の推移

6ヶ月収益 :半年投資した場合の収益率推移

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

投資実績なし

10年収益 :10年投資した場合の収益率推移

投資実績なし

以上、「USテクノロジーイノベーターズファンド(ヘッジ有)」のチャート・シミュレーション結果を見てきました。比較結果については、 比較シミュレーション「米国投信23商品」 をご覧ください。

USテクノロジーイノベーターズファンドについても、引き続き追跡していきたいと思います。