価値発掘 スパークスプレミアム日本超小型株式

今回は国内中小型株式の人気投資信託、「価値発掘 スパークスプレミアム日本超小型株式のチャート・シミュレーション結果を見ていきます。他商品との比較結果についてはサマリーページをご覧ください。

商品情報

投資戦略

ファンドの特徴
  1. 日本の上場株式のうち、マイクロキャップ銘柄(超小型株式)を中心に投資
    • 時価総額下位2%以下に属している銘柄を中心に投資
  2. スパークスの徹底したボトムアップリサーチ
    • 経営者との面談を通じたボトムアップリサーチ
  3. MSCI Japan Micro Cap指数(配当込み)を参考とするが、追従はしない

目論見書:https://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/prosk_prm.pdf

銘柄選定
  1. 3つの着眼点から企業の実態価値
  2. 実態かちと市場価値の差(バリューギャップ)を計測
  3. バリューギャップを埋める要因を考慮し決定

目論見書:https://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/prosk_prm.pdf

投資対象 / コスト

投資対象

20%を超える業種はなく、業種は分散されています。

目論見書:https://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/prosk_prm.pdf

コスト
  • 信託報酬:1.914%
  • 販売手数料:3.3%

基準価額 / 純資産

目論見書:https://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/prosk_prm.pdf

分析結果

では本題、成績を見ていきましょう。

図の見方ですが、運用会社のレポートで見られる「現在の価格を基準にした」収益ではありません。

ある月(横軸)からx年間(3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年)投資した場合の元本回収率(縦軸)を表しています。※販売手数料・信託報酬も加味

例:3年収益の見方

リーマンショック期(2006年10月-2009年10月)の3年間投資した場合はどうなっているか
⬇︎
3年収益図の2006年10月にあたる値を確認(ex. 70%の場合、その3年間で100万円が70万円程度になることを意味する)

1年収益 :1年投資した場合の収益率推移

最高値

2017年3月に投資開始で126%。2016年~2017年5月では110%を超えていますが、それ以降は元本割れが多く見られます。他商品と比較すると、2017年3月は115-135%程度で分布しており、中位程度。それ以降の元本割れ確率は他商品と同等程度。

最低値

2018年1月に投資開始で78%。他商品は78-90%程度で分布しており、下位。コロナ期の2019年5月に下落幅も、80%で他商品と同等程度となっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 12-7.png

3年収益 :3年投資した場合の収益率推移

最高値

2015年10月・11月に投資開始で、140%。他商品は140-170%で分布しており、残念ながら下位となっています。それ以降の元本回収率低下は、他商品も同様の傾向ですが、変わらず下位で推移しています。

最低値

2017年5月に投資開始で78%。他商品は78-100%で分布しており、こちらも下位。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 13-9.png

5年収益 :5年投資した場合の収益率推移

投資実績なし

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 14-6.png

10年収益 :10年投資した場合の収益率推移

投資実績なし

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 15-6-1024x582.png

(参考)現在まで投資した場合の収益率推移

結果サマリー

投資期間1年では中位程度ですが、投資期間3年では最高値・最低値共に下位。

今回は国内中小の投資信託、「価値発掘 スパークスプレミアム日本超小型株式」のチャート・シミュレーション結果を見てきました。他商品との比較は比較シミュレーションをご覧ください。